Iris artの同人2選|NTR好きにはたまらない!大切なあの娘が快楽に負けて・・・

18歳未満閲覧禁止

当サイトでは性的表現を含む作品を取り扱っていますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りします。

Iris artの描くNTR同人に注目

正直、キャラデザとしては「めちゃくちゃ上手だ!」という訳ではないのですが、臨場感があるというか、めちゃくちゃエロくて、ついつい自慰が進む感じになっていますよ!

Iris art先生の作風的にはNTR・ネトラレ系が多い印象です。いずれのNTR同人も、ヒロインががっつり感じまくっている様子が、描かれていて、非常にシコリティの高い内容となっています!

Iris artの同人「性がブチまけられたベッドシーツ」好きな男を守るために言いなりになり・・・

Iris art先生のフルカラー同人です。70ページという大満足なボリューム感で、NTR(寝取られ)を堪能することができますよ!
大きなあらすじとしては、弱みを握られたヒロイン(貴族のツボを割っちゃった!)が、中年小太りの貴族の愛人となり、エッチなことを繰り返し行われるうちに、快楽墜ちしていくという定番パターンです。

ヒロインと主人公?(ヒロインのパートナー)がラブラブしている思い出シーン。こういう日常的なシーンが差し込まれることで、寝取られている感じがより強まり、興奮させてくれますね!

このようなシーンだけでも、パートナーが大好きで、健気な感じが伝わってきます。そんなヒロインが、パートナーを助けるために他人棒を咥えたり、受け入れたりしていくと考えるとかなり興奮します!

中年貴族に言われるがまま、他人棒を頑張ってペロペロと舐めさせられています。乳首舐め・断面図・頭の中で恋人とのチ○ポ比べたりと様々なシーンが描かれていますよ!

短い期間とはいえ、なんども体を交えているからこそヒロインの弱いところや好きな速度を把握している中年貴族。そんな貴族の肉棒でいいように感じさせられてしまうヒロインの蕩けた表情に注目です!

バックで責められ、最後は後ろから抱きかかえながら中出しされるヒロイン。もう、表情はメスそのものですね!
ちなみにタイトルにある「性がブチまけられたベッドシーツ」は後半にヒロインのパートナーが、プレイしている部屋に隠れてて、終わった後のベットシーツを眺めているシーンがあった気がするの、そのあたりからきているのかと。

完全に寝取られていく感じなので、苦手な人は苦手かもですね!

作品名:性がブチまけられたベッドシーツ
配信開始日:2018/04/06 10:00
利用期限:無期限
ファイル容量:357.51MB
ページ:数70ページ
シリーズ:—-
題材:オリジナル

Iris artの同人「アイツが買った ゴムのサイズは 俺のより デカかった」彼氏よりでかい肉棒に堕とされて

続いて紹介するIris artの同人はフルカラー90ページで描かれるNTR作品です。職場の店長に同情して流されエッチし、いつの間にか店長とのエッチにはまり、またエッチしちゃうという流れです。

巨乳ヒロインの乳を掴みつつ、乳首をいじるシーンとか結構エロくて好きですね!また、枕やシーツに顔を埋めてフーフーと耐えるシーンなどもあり、妙な艶かしさがあります!

同世代の彼氏ではまずないであろう、執拗なまでのクンニ責め! 
ジュルジュルとエロい音を立てながら舐め、その感覚、その音にどんどん感じさせられるヒロインの様子が丁寧に描かれています!

寝バック、向き合って抱き合ってファック、彼氏と電話中に他人棒とエッチ、など色々なプレイを堪能できますよ!

ちなみにタイトルにある「アイツが買った ゴムのサイズは 俺のより デカかった」は最終盤で、元彼くんが働いているレジにヒロインの子がコンドームを買いに来るのですが、そのコンドームのサイズが、自分が使用しているものよりも大きかったというところからきているようです。

これが、現実にあったら結構凹みますねorz

作品名:アイツが買った ゴムのサイズは 俺のより デカかった
配信開始日:2019/01/10 10:00
利用期限:無期限
ファイル容量:257.50MB
ページ数:90ページ
シリーズ:—-
題材:オリジナル

Iris artの蕩けたヒロインの表情がたまらない

今回はIris art先生の同人作品を紹介してきました。いずれもNTR・ネトラレ系の同人となっており、NTR好きにはおすすめできる内容であったと思います。

ページ数もボリューミーで、NTRの過程がよく描かれているなぁと思いますし、ヒロインが快楽に負けて蕩けていく様子はたまりません!今後の同人作品にも注目したいですね!

最早二次元でしかイケないまである。好きな作家を中心にまとめていきます。


原作コラボのAVランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存