「男の娘」ってなんだ!?歴史とおすすめの同人まとめ

18歳未満閲覧禁止

当サイトでは性的表現を含む作品を取り扱っていますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りします。

最近良く同人とかで見る「男の娘」ってなに?

今回は「男の娘」系の同人誌について幾つかおすすめを紹介していきたいと思います!いきなりこれです!と言っても微妙なので、そもそも男の娘ってどういうモノなのかまとめていきます。男の娘って要は男性だけど女の子にしか見えないような人のことを指します。オカマや女装などの言葉との違いとしては基本的には“美“少年?であることが挙げられます。

また「男の娘が好きな人=同性愛者」ともなりません。中には当然いるかもしれませんが、男の娘モノを読む人的には外見がかわいくて“モノ“が付いているという外的要因が重要視されているようです。

2000年代後半から急増した「男の娘」への関心

「男の娘」という言葉は2000年頃から使われているそうで、類似の言葉として「女装少年」、「女装美少年」、「女装男子」、「女装ショタ」などがあるそうです。厳密に使われ始めた時期を探すと骨が折れそうなので、Google検索ボリュームの推移から世の中的な関心がどう推移したか見ていきたいと思います。

Google自体が2000年頃から認知度も高まり利用者が増えているからじゃないの!?という話もあるかもしれませんが、参考値として見ておきましょう。Googleの検索ボリューム的には2006年頃から徐々に関心が高まりはじめて、2009年後半から傾きが急になり、以降はどんどん検索ボリュームが高まっていっています。ちなみに2010年には「MAG・ネット」で特集がクマれたり、「出没!アド街ック天国」で軽く紹介されたりしたようです。数値よりもメディア的には盛り上がっていた時期なのかもしれません。

同人誌など創作の世界から飛び出した「男の娘」

ちなみに同人誌や美少女ゲームなどの世界で生まれた「男の娘」ですが、実はリアルにも飛び出しています。

意外と気軽に会える!?「男の娘おとこのこカフェ&バーNEWTYPE」

2009年頃に秋葉原にオープンした「男の娘」が接客してくれるカフェ&バーです。メイド喫茶の「男の娘」版です。駅的には末広町の近くです。

AV業界にも「男の娘」!?ちょーカワイイ大島薫さん!

※上記動画は後半部分に過激シーンを含みます。苦手な方は15秒くらいでストップ!

既に引退されていますが、男の娘AV女優として注目を集めたのが「大島薫」さんです。同人誌やエロ漫画の世界から飛び出してきたかのような「男の娘」で最初に見た時の衝撃はすごかったです。現在もタレントとして活動されています。スケベ心以外にもいろいろと気になることを発信されているので見てみると面白いかもしれません。

おすすめの「男の娘」同人誌キメセクに敗けた娼年@ぐじら4号

d_070754jp-002

最後は個人的におすすめする「男の娘」同人を幾つか紹介します。最初に紹介するのは「ぐじら4号」の「キメセクに敗けた娼年」です。イラストが病的にカワイイのもそうですが、徐々に主人公が与える快感に負けていく様子がたまりませんよ!最初はつんつんしていたヒロイン?が最後は自分から求めてくるシーンは最高です。

【作品基本情報】
同人サークル:ぐじら4号
ページ数:画像31枚+α
シリーズ:なし
題材:オリジナル

男の娘快楽落ちの定番「強制女装援交」@夕凪の戦力外部隊

d_058346pr

こちらの「強制女装援交」も徐々に快楽に負けていくタイプの同人誌です。最初はお金欲しさでおじさんの言うことを聞いていた主人公(男)がおじさんの攻めにより徐々に落ちていく様子が痛快です。そもそもインモラルな設定ですが、「男の娘」という通常はないシチュエーションが更にインモラルさを強調していておすすめできます。

【作品基本情報】
ページ数:42ページ
シリーズ:なし
題材:オリジナル

快楽落ちは定番ですよね?

今回は個人的に厳選して2つの同人誌を紹介しましたが、結果快楽落ち系が揃ってしまいました。そういうのが好きな人は「男の娘」を読んだことなくても楽しめると思いますよ!

同人誌とかいろいろ好きな様にまとめてきます!男の娘系が割りと多めになるかと思います♪


原作コラボのAVランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存