和服のエロアニメ3選|熟女、JK、時代劇と幅広い作品が揃っている!

18歳未満閲覧禁止

当サイトでは性的表現を含む作品を取り扱っていますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りします。

和服のヒロインが登場するエロアニメ!

和服を着ている女性をみると、これぞ日本人女性という感じがしてきますよね。また、落ち着いていて、大人な印象もある気がします。そんな落ち着いた雰囲気のヒロインでもエロアニメの世界だと、かなりドエロく犯されますw
和服などのコスプレ?が好きな人はぜひチェックしてみてください。

「艶美」みやびつづる原作作品をエロアニメ化!ヌケル!

和服のエロアニメというと「みやびつづる先生」の作品が頭に浮かびます。最近だと「艶美」がいい感じです。帰郷した主人公が和服(浴衣)姿の叔母が男たちに弄ばれているシーンを目撃し、最終的に主人公ともエッチするというお話です。田舎の閉ざされた空間で繰り広げられる痴態に興奮が止まりません!

複数の男の肉棒に喜ぶ和服姿の叔母

自分の知らない顔で、叔母が男たちの肉棒を愛おしそうに咥えこんだり、頬ずりをしている現場を目撃してしまった主人公。それだけでも興奮しますが、複数人のモノを咥え込み、しかも室外ということで、個人的にはより興奮しますw

とろんとした、この表情でフェラをされたら、かなりたまらないですね! 
リアルで考えると叔母の年齢が気になりますが、エロアニメだと、そういうの意識せずヌケますw!

こんな現場を見てしまった主人公は、正常な判断がとれなくなり、幼馴染のお姉さんに手を出してしまい。。。

サンプル動画をチェック

動画が表示されない方はこちらをチェック

艶美

3,280円~

タイトル:艶美
配信開始日:2014/05/02
収録時間:17分
シリーズ:艶美
メーカー:ミルキーズピクチャーズ
レーベル:ミルキー
ジャンル:和服・浴衣

「大江戸四十八手」和服と言えば時代劇系エロアニメ!

続いて紹介する和服ヒロインが登場するエロアニメは「大江戸四十八手」です。時代劇系の作品となっていて、主に大奥の女の人たちとエッチをしていくというお話です。タイトルからも想像できるように色々なプレイ「四十八手」を堪能することができますよ♪ このエロアニメを観たお陰で知った技名も多いですw

作画も動画も満足できるレベルで安定しているので、2011年配信とやや古めですが、十二分に楽しめると思います。自分も定期的にお世話になっているエロアニメですw

古風なメスが肉棒を求めてくる

 

主人公「嬉良 交好之助」に夢中となる大奥の面々。自ら快楽を求めて、交好之助の肉棒をしゃぶったり、言われるがまま、他の女を愛撫したりしはじめます。
レズぽい感じもあるので、そういうのが好きだと言う人にもおすすめです。

 

立ち松葉とか、松葉崩しといったプレーの数々はこちらの「大江戸四十八手」ではじめて名前を知ったというのも少なくないです。エッチな体位の勉強にもなるので、おすすめw?

タイトル:大江戸四十八手 幕の参 傀儡女淫変始末
配信開始日:2011/02/25
収録時間:28分
シリーズ:大江戸四十八手
メーカー:メディアバンク
レーベル:HOT BEAR
ジャンル:和服・浴衣 時代劇 巨乳 くノ一

「少女から娼女へ…」和風美少女と激しくえっち♪

シオマネキ先生の同名タイトル『少女から娼女へ』内に掲載されている「おみ愛」と「今日から隣の若奥さん」が収録されています。和服美少女が登場するのは前者の方です。故郷でお見合いすることになった主人公。ヒロインはお隣のJK!
わかくてピチピチの肌がよく表現されておりエロいですね!

JKとの相性も抜群!?和服も乱れて、、

何と言っても動画、キャラデザに優れている作品だと思います。肌の艶感といい、エロい表情といい、ヌキどころ満載です。和服というのもまた、エロいです。

ヒロインの女の子をガンガン責めるという感じも好きですが、騎乗位で責めてくるエロいヒロインもいいですね。表情もまさにメスそのものです!

タイトル:少女から娼女へ… episode.2
配信開始日:2016/08/12
収録時間:17分 (HD版:17分)
シリーズ:少女から娼女へ…
メーカー:ケイ・エム・プロデュース
レーベル:EDGE(エッジ)
ジャンル:美少女 巨乳 女子校生 ハイビジョン

和服のままも妙なエロさを感じるエロアニメ♪

看護師系のエロアニメもそうですが、やはり、コスチュームが特徴的な場合は、ぜひ着たままエロいことしてほしいですね。普段は絶対にやらないだろうという格好だとかなり興奮します。そういう意味では未亡人の和風の喪服とかもそうかもですね!

最早二次元でしかイケないまである。好きな作家を中心にまとめていきます。


原作コラボのAVランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存